枕を選ぶ時の基本、自分にあった枕とは?

あなたは毎日どれくらい睡眠時間がありますか。朝起きた時、ぐっすり眠れたな~と感じていますか。

もし、睡眠時間はしっかり取っているのに疲れが取れない、昼間に眠たくなるという場合、眠りの質が悪い可能性があります。

眠りの質は寝具ととても関係が深く、中でも枕は快眠するために自分に合うものを選ぶ必要があると言われています。今使われている枕はどうですか。ご自身に合っているでしょうか。

今回は自分に合う枕の選び方や快眠できる枕の特徴、おすすめの枕についてご紹介したいと思います。ぜひ枕選びの参考にしてください!

 

枕選びのポイントと快眠できる枕について

枕を選ぶ際に4つポイントがあると言われています。

1.高さが合っているか

1つ目のポイントは高さです。心地よく眠るための枕の高さは顔の角度がおよそ5度になるものと言われています

頭から首筋にかけて自然なカーブができるようにすると角度は5度なのだそうです。もし高すぎる枕を使っていると首の筋肉に負担がかかるので朝起きた時に首が痛い・・肩が痛い・・という事が起こりやすくなります。枕が低すぎると頸椎に負荷がかかってしまいます。

 

 

2.枕の硬さ

硬さも重要です。頭をのせたときに硬すぎず柔らかすぎない枕が良いでしょう。

 

 

3.蒸れない素材

1年中快適に使うためには枕の素材にも気を付けたいですね。吸湿性、放湿性があり防臭加工、抗菌加工などがされていると良いでしょう。

 

 

4.ちょうど良い大きさ

枕の大きさも重要です。寝返りをうった時に枕から頭が落ちないような大きさが必要です。

 

これらの4つのポイントをおさえて枕を選ぶことで質の高い眠りを得やすくなりますよ。

 

肩こりや腰痛対策におすすめの枕

肩こりや腰痛で悩まれている人におすすめの枕をご紹介します。

【コンフォートピュディー】

https://item.rakuten.co.jp/plumamate/c/0000000277/

首の疲れや肩の筋肉疲労を軽減できると言われている枕です。デンマークの整形外科博士が推奨している人気のある枕で人間工学に基づいた特殊構造が自然な寝返りをサポートしてくれます。

首を理想的な状態に保つことができるので、朝起きた時に感じる首の痛みや肩の痛みを軽減できます。肩や首に負担がかかりにくくなっているので肩こりや首痛の改善にも役立つと言われていますよ。男性も女性も使うことができるように上下を入れ替えることで高さを変えることができるようになっています。

男性は11cm、女性は9cmです。素材は高反発ウレタンを使用しています。高反発ウレタンは適度な硬さがあり温度で硬さが変化しないので夏も冬も快適に眠ることができます。型崩れしにくく埃も出にくいので衛生的に使えます。横幅は57cmとしっかり幅がありますので寝返りをうって頭が落ちてしまう心配もありませんね。

 

 

【抱かれ枕DUAL-NEO】

https://item.rakuten.co.jp/nemuri-seisakusyo/1-0205/

両腕もしっかりと支えてくれる枕です。横向きで眠る人も快適に眠ることができるように設計されています。

かなり大きな枕になっていますが体をしっかり支えてくれるので首こりや肩こり解消だけでなく全身のリラックス効果が高いとされている枕です。体がリラックスしやすいように作られているので余計な力が入らず心地良い眠りを得られます。全身にかかる圧力が自然に分散されていることもしっかり検証されている枕です。復元力が高く通気性が良い中綿を利用していますので1年中快適で耐久性も抜群です。ナチュラルパイプ、ft粒わた、ftわたと3タイプの素材を使って作らています。中材の量を調整できる箇所がありますので、自分好みの高さに調整ができます。本体のカバーは天然由来の繊維が使われていて肌触りが良いです。こだわりの詰まった快眠枕ですよ。

 

 

【ロフテー肩ストレッチ枕】

https://loftyonlineshop.com/SHOP/353.html?_ga=2.172765035.952965185.1590701850-167055501.1590701850

パソコン作業が多い現代人のために開発された肩の疲れを軽減してくれる枕です。寝ている間に肩周りをストレッチできる構造になっていて肩甲骨を正しい位置に戻してくれます。

通常の枕で寝ると肩甲骨は開いたままなのですが、肩ストレッチ枕で眠ると肩甲骨が正しい位置に戻ります。首もしっかり支えてくれるので心地良い睡眠が得られます。購入後のサポートも充実しているので安心ですよ。

 

オーダーメイド枕も魅力的

通常の枕と比較するとややお値段は高くなってしまいますが、自分のためだけに作られるオーダーメイドの枕は高さも大きさも素材も選ぶことができるのでしっかりフィットして心地良い眠りを得られるようにしてくれます。

おすすめのオーダーメイド枕をご紹介します。

 

【じぶんまくらライト】

https://item.rakuten.co.jp/jibunmakura/09-ft-6265/

セミオーダータイプの枕。店舗で中に入れる素材を選んで自分だけの枕が完成します。

頭と首にしっかりフィットするように枕に10の部屋が用意されていてそれぞれ異なる中材を入れ高さ調整ができるようになっている枕です。硬め、柔らかめ、ふつうと枕の硬さが選べるだけでなく枕の幅もゆったりワイドサイズが用意されています。高さや中材の調整はメンテナンスサービスもあり常に快適な枕を使うことができるようになっています。自宅で洗濯可能な枕なのでいつも清潔に使うことができますよ。

 

 

【オーダーメイドまくらプレミアム】

https://www.fit-labo.com/ordermade/lineup/pillow/

水分や汚れを通さない特殊素材を使用している枕で中材の劣化が起こりにくいので長期間使うことができます。

中材の調整が細かくできるように、10の部屋が用意されていて測定した結果から中材を細かく調整し、オーダーメイド枕を完成させます。横向きで寝る時も仰向けで寝る時も眠りやすくなるように高さを細かく調整してもらえるので安心です。アフターサービスも充実していて購入から10年間は高さ調整が無料となっています。店頭で快眠マイスターが測定器を用いて測定してくれます。丁寧な計測であなたにぴったりフィットするオーダーメイド枕が完成します。

 

 

【まくらぼオーダーメイド枕】

https://www.makulab.jp/estate/636/

まくらぼのオーダーメイド枕は無料メンテナンス付きで安心して使うことができます。

枕は使用し続けると劣化していきます。いつまでも良い状態で使ってもらいたいという事からまくらぼでは無料でメンテナンスをしてくれますよ。まくらぼのオーダーメイド枕は8つのポケットがついていて中材を調整できるようになっています。高さ調整は2.5cmから14cmまで2mm単位で可能となっているので微調整しやすいです。まくらマイスターさんが店頭で計測、あなたに最適な枕を作ってくれます。自宅で手軽に高さ調整ができるウレタンベース付きの枕です。型崩れしにくい生地を使っているので丸洗いも可能でいつでも清潔に使えます。8つのポケットに入れることができる中材は業界最多とされていて10種類の中材から選ぶことができます。どの中材が良いのかは、枕マイスターさんに質問でき、悩みに合わせて最適な中材を選んでもらえるので安心です。まくらはレギュラーとプレミアムの2タイプ用意されていますのでお好みで選んでくださいね。

 

まとめ

枕選びのポイントやおすすめの快眠枕をご紹介しました。オーダーメイド枕を選ぶ際にはアフターサービスも確認しておきたいですね。

「快適な睡眠」を取ることができれば日中の仕事効率も上がり、美肌効果やストレス緩和効果、免疫力アップなど、健康に良いことが沢山あると思います。

睡眠の質が気になるならぜひ枕を変えてみてください。気になる枕はチェックしてみてくださいね。あなただけの枕でぐっすり眠って健康な生活を送りましょう!