おすすめヘアケア・ヘアビューティー

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

きれいな頭皮や髪の毛を維持するためにはお手入れが必要です。

わかりやすくヘアケア、ヘアビューティについて紹介します。

目次[

おすすめのヘアケアやヘアビューティを自宅で維持する方法は?

おすすめのヘアケア方法は?

 

① シャンプー前にくしで髪をとかす

髪の毛を洗う前にくしでとかすと、髪のほつれや皮脂などの汚れを浮き上がらせます。ほつれが取れると髪を洗っている途中で、髪の毛同士が絡まることが少なくなり摩擦が改善されます。

 

 

② シャワーで頭についている汚れを洗い流す。

仕事で疲れている、毎日時間に追われている生活をしていると、お湯で髪の毛を濡らしてシャンプーで洗いたくなりますが、シャンプー前に髪の毛をすすぐことを「予洗い」とよぶそうです。予洗いは2〜3分丁寧にぬるま湯で髪の毛をすすぐことで、だいたいの汚れは落ちるのでしっかりシャワーで汚れを洗い流しましょう!

 

 

③ シャンプーは地肌を洗う。

 

シャンプーは髪の毛を洗うことだけではなく、地肌肌もしっかり洗いましょう。
シャンプーは髪につける前に手の平に取ってから、軽く馴染ませて髪の毛につけるようにする。シャンプーを直接髪の毛につけないようにしましょう。洗う時は爪を立てると頭皮が傷ついてしまうため、指の腹で地肌をマッサージするようなイメージで頭皮を中心に洗うと汚れをしっかりおとすことができます。

 

 

④ ドライヤーで乾かす。

髪の毛は濡れているときが一番痛みやすいため、夏は自然乾燥してしまうが濡れている間に摩擦で髪の毛は痛んでしまうため必ずドライヤーで乾かすといいですよ。髪の毛をドライヤーで乾かすときは、風は上から下へ当てるようにして、地肌に近い部分から先に乾かす。
毛先は毛量が少なく乾きやすいため、熱を過剰にあてると傷む原因になってしまうので注意が必要です。

 

⑤ 夏の紫外線に注意する。

一年中ある紫外線は髪は肌と違って、日焼けしてもすぐに色が変わり分かりやすい変化がないため、紫外線対策をしない人が多いですが髪への紫外線ダメージは大きいです。髪の毛も日焼けすることでパサつきや痛みが出てしまうため、しっかり髪の紫外線対策をすることが大切です。

 

ヘアビューティ方法は?

リバースケアをして髪をきれいに保つ。

リバースケアはヘアケアの最後にしていたトリートメントを最初にするお手入れのことです。
トリートメントをはじめにつけると、シャンプーなどの刺激物から毛先を守ることができ、毛先のパサつきや枝毛の予防がしっかりできます。トリートメントやオイルなどがありますが、シャンプーとトリートメントの順番を入れ替える基本のリバースケアであればこだわらなくても大丈夫です。リバースケアはダメージをうけてしまった髪のケアに効果があり、髪にダメージを与えたくない人におすすめです。

美容院でのカラーやパーマ、縮毛矯正にもリバースケアを使うことができます。トリートメントの種類によってはカラー前に、使うと薬剤反応や浸透の邪魔をしてしまうこともあるので注意が必要です。

 

最新の縮毛矯正をする。

縮毛矯正と聞くとシャキーンとしてまっすぐしているというイメージがありますが、最近の縮毛矯正用薬剤の進化や美容師の技術が高くなっているため、縮毛矯正の仕上がりは限りなくナチュラルになっているようです。縮毛矯正毛も正しいケアを続けることでダメージの進行を抑えることができます。健康な髪であってもクセやうねりがあればツヤは出ません。弱酸性の薬剤によってダメージを限りなく少なく抑え、熟練の技術で髪のうねりやザラつきを修正することで、自然に毛先がおさまるツヤツヤ、さらさらの髪が手に入ることができます。

 

おすすめのヘアケアやヘアビューティ商品は?

① My BOTANIST

価格は5976円。ゴワつき、切れ毛、まとまり、ダメージ、パサつきなど、人それぞれ髪の悩みは人それぞれです。アメリカは化粧品やシャンプーも一人一人に合わせた「パーソナライズ」の商品が提供されているため、BOTANISTでは毛髪診断士の企画開発によるパーソナライズシャンプーを開発しています。アンケートに答えて自分に合ったシャンプーが届き、ヘアケアを体験したい方にはおすすめの商品です。

 

② アスオイル

価格は1980円。アスオイルはSNS上で人気の洗い流さないトリートメントです。美容師の87.5%が使い続けたいと回答した人がいて、2年で40万本も売れている商品です。ドライヤーの熱に反応して気になるうねりを24時間抑制してくれるだけではなく、雨の日のしつこいうねりにも効果があります。毛髪の保水性を高めてエルカラクトンが枝毛や切れ毛を抑えることができます。

 

③ リジュン

価格は2980円SNS上の口コミで話題になり、ヘアケアに悩む女性が選ぶスカルプケア商品No.1に選ばれました。ナノ化した72種類のヘアケア成分や高い成分伝達力で話題の「フルボ酸」、次世代ヘアケア成分「リデンシル」などを含んでいる実力派、使い方なども公式サイトを確認してくださいね。

 

④ ルベル イオ エッセンス スリーク

価格は1350円。ルベル イオ エッセンス スリークは、気軽にホームケアができる商品です。ダメージケアやエイジングケアにもおすすめできる保湿オイルで、なめらかでやわらかな触感に髪を変え、うねりやひっかかりを改善して髪になじませた後ドライヤーで乾かして、ツヤを出したい人にはドライヤー後に吹き掛けましょう。

 

⑤ マリスビオ シアバター オーガニック

価格は1480円。マリスビオ シアバター オーガニックは、シアの木から採れる天然の植物性油脂を配合しているアイテムで、最初の実を付けるまでに15~20年もかかると言われているシアの木はとても貴重な木です。原産国はアフリカでまさにシアの木が自生している地域となり、マリスビオのシアバ%オーガニックなので安心して使うことができます。品質の確かさに加えてパッケージのかわいいためプレゼントにおすすめです。

 

 

「シャンプー用ヘアブラシ」

① 貝印のHair Smoother

価格は2000円。頭に沿うアーチ形の植毛で地肌にぴったりするため、シャンプー前に10回ブラッシングすると、頭皮や髪の汚れが浮いて落ちやすくなります。

 

② uka スカルプブラシケンザンソフト

価格は1800円。シャンプー中のマッサージにシリコン製で肌当たりがソフトな頭皮用ブラシです。
シャンプーを手でひと通り泡立てたあと、ブラシで頭皮全体を1分マッサージするだけです。
頭皮と顔は1枚皮で繫がっているので、マッサージすると顔色がよくなるだけではなくあごも引き締まる効果があります。

 

③ メイソンピアソンのチャイルドブリッスル

価格は12,000円。シャンプー前、メイソンピアソンのチャイルドブリッスルで10回ブラッシングすれば、ロングヘアがサラサラになります。職人さんが一本一本手作業でつくるメイソンピアソンのラインナップの中でもやわらかな猪毛を使ったブラシです。

 

④ エス・ハート・エスのプリュス ショート

価格は5200円。10本の指で洗うよりもしっかりと汚れを落としてくれるので、頭皮がすっきり。シャンプー時に使えます。トリートメント時にも使えば浸透効果が高まります。

 

スタイリング用ヘアブラシ

① トリコインダストリーズのデンマンブラシD4

価格は2500円。清潔感を感じさせるタイトなまとめ髪にしてくれるトリコインダストリーズのデンマンブラシD4は、広がったピンが髪の毛をしっかりきれいにセットができます。

 

② タングルティーザーのザ・オリジナル

価格は2000円。ヘアスタイリング前の髪の毛のツヤ出しに効果があります。ブラシの先端が丸くカットされているので、頭皮へ適度な刺激を与えてサラリととかせます。ツヤが出るのでおすすめです。

 

③ オブ・コスメティックスのローリングブラシ・037

価格は4600円。自分でもくるっと巻けて優秀なロールブラシは、自分でロールブラシを使いこなすのは実は難しいが、この商品はらせん状に植毛されているため、髪が巻きついてくれるので髪をセットしたいときに便利です。

 

④ タカラ・ビューティーメイトのWETパドルブラシN

価格は1800円。1日120人をセットするヘアサロンでスタイリストが愛用しているサロン御用達ブラシ。特許を取っているピンが髪の根元からしっかりと流れを整えるため、どんな髪質でもきれいな髪になります。

 

きれいな髪を保つために必要な食べ物は?

① 乳製品を食べる。

髪の毛の主成分はたんぱく質でカッテージチーズやヨーグルトなどの乳製品は、カゼインというたんぱく質の一種が入っています。健康的な髪の毛を維持するために欠かせない栄養です。

 

② 抜け毛を防ぐために油の多い魚を食べる。

サーモンやサバなどの脂質が多い魚に入っているのはオメガ3脂肪酸です。必須脂肪酸は抜け毛を防ぐ効果が期待でき、魚には鉄分やビタミンB12、髪だけでなく美肌も欠かせない栄養がたくさんあります。鉄分が足りないと抜け毛の原因になるため髪の毛が作られている毛包と呼ばれる部分に、酸素を運ぶ上で鉄分は必要です。体内の各組織を作るために酸素を運ぶヘモグロビンを作るときも鉄分が必要です。体の中にある鉄分が足りなくなると髪の毛まで、栄養が届かないと毛髪にダメージを与えることになります。ラックストン博士は女性は鉄分が足りなくなるため、食事のときにオレンジジュースを飲むと、鉄分を吸収しやすくなりますよ。

 

③ 丈夫な髪にしてくれる全粒穀物。

精製されてないホールグレインのパンやシリアルは、亜鉛、ビタミンB、鉄分がたくさん入っています。亜鉛は健康な髪の毛を保つために大事なので、ホルモンの分泌にも大きな関わりがあり髪の毛のコシやハリに影響します。基礎研究で雑穀やホールグレインシリアルには髪の毛を作る細胞を促す効果があります。

 

まとめ

おすすめのヘアケアやヘアビューティは、頭を洗うときに地肌を傷つけないで洗うことできれいな髪の毛を維持することができ、髪の洗い方だけではなくて普段から栄養バランスのよい料理を食べることが大切です。

髪にダメージが少ないシャープやヘアトリートメントなどを、使ってきれいな髪の毛を目指しましょう。