【乾燥肌の皮膚科医師見解】肌に潤いを与える厳選のオススメアイテム5選を紹介

乾燥肌の医師見解

東京女子医科大学皮膚科学教室 川島 眞 教授

年齢とともに乾燥肌になるのか??

皮膚の表面にある角質層の水分が減少すると乾燥します。角質層の水分は、汗の水分が蓄えられたものですが、寒くなると汗をかかなくなるので、水分供給が減少します。また、角質層の表面には毛穴から出てくる油分(皮脂)と水分が混ざってできる皮脂膜があり、水分の蒸発を防いでいます。角質層の細胞にはアミノ酸などの天然保湿因子があり、細胞間にあるセラミドなどの脂質も水分を蓄える役割をしています。水分保持に役立つアミノ酸やセラミドは年齢を重ねると徐々に減少していきます。そのため、秋から冬の季節に特に年齢を重ねた多くの方が肌の乾燥を自覚しやすくなります。

乾燥肌を保つ注意点

生活上の注意としては温度の高い湯船に長く浸かり過ぎないようにし、石鹸でゴシゴシ洗い過ぎて肌を傷つけるのも避けましょう!

肌が乾燥するとかゆくなり、ひっかくと湿疹になるので、早めの保湿ケアが必要です。できれば、朝晩とも保湿クリームを乾燥しているところだけでなく、広めに塗りましょう。

出所:日本医師会HPより抜粋

【長野県医師会の見解】冬の乾燥と痒みについて

私達の体の表面は垢(アカ)でできた角層という膜により覆われています。角層はちょうどポリエチレン製のラップと同じように体内の水を外界に逃がさないバリア、外界の物質を体内に入れないバリアとして機能しています。また、毛穴から出て皮表を覆う皮脂、角層細胞間脂質、水溶性の天然保湿因子などの保湿成分により自らを保湿し、その柔軟性と外観上のみずみずしさを保っています。

冬になり湿度が低下し発汗量が減ると、加齢や洗い過ぎにより保湿成分の減った角層はカサカサ乾燥し、目に見えない細かな亀裂が無数に入り、痒みを感じる神経が下から角層直下にまで伸びて来ます。そのため、亀裂から侵入した物質の刺激や物が擦れるなどの刺激が神経に届き痒みが発生するのです。

さらに、刺激が高じると皮膚の炎症である湿疹が発生し痒みは増強します。好発部位は下腿伸側(すね)と腰回りです。

対策としては予防が大切です。入浴時は石鹸の泡のクッションを利用して優しく洗い、「垢すり」はやめましょう。加湿器などにより室内の湿度を維持しましょう。保湿剤は早めに、むしろ予防的に外用するのがコツです。しかし、湿疹が発生した場合は保湿剤では通常治りません。炎症を抑えるお薬が必要ですので皮膚科を受診することをお勧めします。

出所:長野県医師会HPより抜粋

スキンケア肌に潤いを与える厳選のオススメアイテム5選を紹介

いつも肌に張りがないように感じで悩んでいる。乾燥肌で悩んでいる。

そんな悩みを抱えていませんか?

肌にうるおいを感じられないと、その日一日がスムーズに始まらないですよね。

私自身も、敏感肌ということもあり、なかなか自分のお肌に合うスキンケアを見つけられなかったり、肌にうるおいを保てていると実感できることがなくて、悩んでいる時期がありました。

肌にうるおいを保ち、自分に自信を持てるようにしていきましょう!

オススメ保湿美容液【5選】

まず最初にオススメしていきたいのが、保湿美容液です。日頃スキンケアをされている方は多いかと思いますが、そこにプラスしてケアしていきたいのがこの保湿美容液によるケアです。私自身が使って良かったなという実際に使用して良かったと思えたもの、保湿力が高いと感じられたものをベースに紹介していきたいと思います。

 

手軽に買えて保湿力も高い「日本酒の美容液」

まず最初にオススメしたいのが、こちらの「日本酒の美容液」という商品です。少しパッケージが派手めではありますが、使用感としては値段が安い割にだいぶ保湿力が高いなと感じられます。日本酒というネーミングからも、日本酒の香りをかすかに感じられるので、苦手でない方にはまず手に取って頂きたい商品の一つです。

フローラル系の香りで保湿力も高い「TSUYAエッセンスVG」

次にオススメしたいのが、shu uemuraの「TSUYAエッセンスVG」という商品です。shu uemuraらしいオシャレなパッケージと、フローラル系のリラックス出来る香りで私も良く使っていました。使ってみた感想としては、少しとろみのある感じで多少のべたつきは感じますが、それ以上に満足出来る保湿力を実感出来るのがオススメのポイントです。値段も先ほどよりかは多少高めですが、それだけの効果は実感出来るはずです。

 

高級感のあるパッケージと保湿力を求めるならPOLAの「B.Aセラム レブアップ」

次は、POLAの「B.A セラム レブアップ」という商品です。POLAらしい高級感のあるパッケージに惹かれて購入したのがきっかけです。実際に使ってみると、肌馴染みが良くて、非常に使いやすいというのが率直な感想でした。ただ若干お値段の割には量が少なく感じられたのがマイナスポイントでした。持ち歩いてもかわいらしくて大人らしさを感じられる商品なので、オススメです。

 

女性好みのパッケージに保湿力が非常に高い「ラディアンス ドロップ」

4つ目に紹介するのは、JILLSTUARTらしいパッケージの「ラディアンス ドロップ」という商品です。見た目のパッケージ通り、女性好みが詰まっている商品ですね。使用感としても非常にフローラル系の良い香りで、非常に高い保湿力を実感することが出来ました。ちなみに、肌につけるとラメがキラキラ輝くのが特徴的です。

コスパ最強のノンアルコールタイプで一番のお気に入りはコレ!

最後に紹介するのは、ちふれの保湿美容液「ノンアルコール 集中保湿ケア」です。私も色々試して使ってみましたが、今も愛用して使い続けているのが、このちふれの保湿美容液です。オススメの理由はいくつもあるのですが、まずは非常にお手軽な値段で購入できるという点です。今まで紹介してきた商品の中には、少し高めのものもありましたが、このちふれは非常にお手軽価格で買えます。安い分、保湿力は高くないんでしょ?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、保湿力も非常に高いのです!

保湿力の高い美容液は、どうしてもべたつきがちになってしまいますが、このちふれの保湿美容液は、最初こそ若干のべたつき感は感じるものの、肌に馴染ませていくほどべたつきがなくなっていきます。肌にうるおいを与えてくれると同時に、そのうるおいを閉じ込めてすべすべの上質なお肌に整えてくれます。

もう一つ、このちふれをオススメしたい理由が「ノンアルコールタイプ」という点です。実は私はアルコールに非常に弱く、どうしてもアルコール成分があると敏感肌に反応しがちなことがちらほらありました。その点、このちふれの保湿美容液はノンアルコールタイプなので、敏感肌の私にもやさしく安心して使えたのが非常に大きかったです。

私と同じように敏感肌で困っている方には、最初からこのちふれの保湿美容液がオススメです。

 

2. 保湿美容液と同じくらい大事なのが「睡眠」

ここまで私が実際に使ってみて良かったオススメ商品を5つほど厳選して紹介してきました。

このオススメ商品たちを使うだけでも十分お肌にうるおいを保つことは出来ると思いますが、合わせて意識して頂きたいのが「睡眠」です。

当たり前のことだと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、保湿ケアはしっかりしたのに睡眠時間を確保出来なかったり、寝る時間がいつも遅くなってしまったりして、せっかくの保湿が失われてしまうことがあるのです。私自身も、最初のころは保湿ケアさえしっかりしていれば、睡眠時間を多少削ったり、寝る時間が遅くなっても大丈夫だろうと思っていた時期がありました。ただある時、睡眠を意識するようになってからは、より自分の肌がキレイになったと実感出来るようになったのです。
スキンケアをこれから本格的に始めようと思っている方も、既にスキンケアは始めている方も、保湿ケアだけではなくてしっかりとした睡眠の確保も肌にうるおいを保つためには重要な要素の一つだということを知っておいてください。

参考までに、私の場合は「何時間寝たか」よりも「何時に寝たか」を意識するようにしています。個人差はあれど、最低7時間程度の睡眠が必要ということはよく耳にしますよね。以前までは私も、夜遅くに寝たとしても、次の日が休みであればその分多く寝ればいいんだよね、と思っていました。ただ、スキンケアをしていても、夜更かしを続けていると朝起きると肌がカサカサしていたり、肌の調子があまり良くないと感じることが何度かあったのです。

それからは、極力毎日23時くらいにはベッドに入って寝るように心掛けています。十分な睡眠はどんな美容液にも勝ると言われる程なので、みなさんも自分なりの寝る時間を決めて、しっかりと睡眠を取るように心掛けてみてください。