たった3ヶ月で7kg減!?無理なく痩せるダイエット法「経験談」をご紹介

最近食べ過ぎで太ってきてしまったから痩せたい。好きな人のためにも魅力的な体でいたい。仕事のパフォーマンスをあげるためにも、時間がない中でも健康的な肉体を手に入れたい。
そんな時に考えるのが「ダイエット」です。

ただ、実際にダイエットをしよう!と思っても、ダイエットに関する情報が多すぎて、実際何をすれば効果が出るのか今一つわからないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、私が実際に3ヶ月で7kg痩せた経験をもとに、無理なく継続的に取り組めるオススメのダイエット方法を紹介します。私自身も仕事が多忙でダイエットをする時間がなく、ストレス発散のために美味しいものを食べて太ってしまう、、、という状態でしたが、簡単に楽しくダイエットを生活に取り組むことが出来ました。

たった7kg?って思われるかもしれませんが、7kg痩せると周りからの印象はだいぶ違って見えるようです。私自身も家族や友人、仕事関係の人たちから「顔ほっそりしたね!」「なんか印象変わった」など言われるようになりました。構えず気軽に実践していきましょう!

 

1. 「ただの食事」を「戦略的な食事」に変える!

最初に意識すべきは「食事」

一番最初に意識すべきはやはり「食事」です。私たちが生きていくためには毎日欠かすことの出来ない大切な食事ですが、毎日太る原因を作っているのも食事と言えます。だからといって、毎日過度な食事制限をするのは無理がありますし、そもそも健康には逆効果です。

そこで実践して頂きたいのが、「糖質制限」です。テレビや雑誌でも紹介されることが多いので、一度は耳にしたことがあるかと思いますが、非常に簡単で無理なく続けることが出来る方法です。

何で糖質を制限することで痩せることが出来るのかと言うと、簡単に言ってしまえば人間の体は一定量の糖質を超えて摂取すると、その超えた分が脂肪に変わり太るメカニズムになっているからです。つまり、「糖質」を意識した食事法を取り入れることで、痩せやすい体のベースが出来上がるのです。

 

私が実践した食事法はコレ!

あまり難しく考える必要はないので、ここでは私が実践した食事法をお伝えします。この中で自分にも出来そうだな~と思える方法があれば、1つずつでも構わないので日々の生活に取り入れてみてください。

その① 夕飯に白米を食べない

その② 水を毎日2リットル飲む(水やお茶以外は控える)

その③ 1日の食事回数を3回から2回に減らす

その④ 大好きな甘い物(お菓子)は条件付きにする

糖質制限ダイエットに関する書籍や情報を調べると色々な方法が出てきますが、「糖質」への意識と上記方法を実践するだけで確実に痩せます。1つずつ説明していきますね。

まず、お米好きにはかなりツラい現実ですが、白いお米には糖質が多く含まれており、太る原因となります。いきなりお米を食べない生活に変えるのが難しい方は、まずは量を減らした方がいいです。お代わりしている方は、お代わりしない分量を目標にしてみてください。可能であれば、お米はランチに食べることにして、夕飯はおかずだけにした方が効果的です。

次に、毎日ある程度の水分は摂取しているかと思いますが、もしジュース系の飲み物を大量に摂取しているのであれば、それも水やお茶、コーヒー(缶コーヒーはNG)に変えましょう。ジュースにはかなりの糖質が含まれているので、これも意識的に変えると効果がupします。

また、通常であれば1日3回、朝・昼・晩の食事が通常かと思いますが、可能であればブランチ(朝昼一緒)と夕飯の2回にした方が体がスッキリします。私自身も昔までは1日3食が当たり前でしたが、どうやら1日3食は太りやすくなるだけでなく、体に負担をかけていることもあるそうです。朝から晩まで働いているビジネスマンには最初は難しいかもしれませんが、小腹が空いた際にはナッツを摂取するなどして工夫するのもオススメです。

最後に、これも悲しい現実ですが、痩せるためにはやはり甘い物は控えた方がいいです。ただ、間食を抜くだけで大きな成果を実感することも出来るので、効果抜群の方法でもあります。お菓子は大好きだからさすがに無理!という方には「低糖質」のお菓子をオススメします。和菓子や洋菓子全般に言えることですが、これらのお菓子には糖質がたっぷり含まれています。最近では健康ブームの後押しもあり、低糖質を売りにした商品が色々と開発されていますので、スーパーやコンビニに行かれた際には、是非チェックしてみてください。

いきなり全てを実践するのは難しい方もいらっしゃるかと思うので、出来ることから少しずつ取り組んで体の変化を実感してみてください。また、過度な糖質制限も肉体的にも精神的にもキツいだけなので、やり過ぎも禁物です。気楽な気持ちで適度にやることがポイントです。

 

2. 軽い運動を取り入れる

「毎日少し」の運動があなたを変える

食事の次に意識して頂きたいのが「運動」です。この運動もダイエットの季語かと思わせるくらいよく聞くかと思います。ただ冒頭でもお伝えした通り、ダイエットを成功させるためには「無理なく継続的」に行える必要があります。そのため、ここではハードな運動ではなく、誰にでも出来る程度の運動が必要ということをお伝えします。

極端な話ですが、1日100km走るよりも、1日1kmを100日走った方が効果があるのと同じで、毎日小さなことを積み上げていけばいいんだという感覚を持ってみましょう!

 

オススメの運動は?

毎日少しずつ運動すればいいのはわかったけど、結局何をすればいいの?

という方もいらっしゃるかと思います。結論からお伝えすると、ご自身が毎日出来る運動であれば何でも構いません。運動が苦手という方には、毎日15分程度の散歩でもいいですし、駅の階段を使うのも効果的です。

運動は嫌いではないという方にオススメなのが、私も実践していた「キックボクシング」です。キックボクシングと聞くと、なんか怖いなといったイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、実はキックボクシングは男女関係なくエクササイズ感覚で楽しめるスポーツなのです。しかも、ストレス発散にも繋がりますので、興味のある方は是非体験に行ってみてください。

運動が苦手な方でもそうでない方でも、運動の種類を問わず毎日楽しく続けることがダイエット成功への近道です。

 

3. 自分の努力を見える形にする

毎日「ダイエット記録」をつけよう

最後にオススメするのが「ダイエット記録」です。ダイエットの効果は個人差はありますが、誰しも一朝一夕に痩せることは出来ず、数か月の継続的な努力が必要です。ダイエットを決意して頑張って始めたけれど、先が見えずにいつの間にか断念していた経験がある方にオススメなのが、「記録をつける」ということです。

毎日自分が取り組んだことを「記録」として残すことは、自分の努力を客観視することに繋がり、自分のモチベーションを保つことにも繋がります。

記録すべき内容はコレ

では、実際に自分が頑張って取り組んでいるダイエットについて何を記録すれば良いのでしょうか?私が実際にノートに毎日記載していた項目を紹介しますので、参考にしてみてください。

<ダイエット記録の項目>

  • 日付
  • その日に食べた食事メニュー
  • その日に実施した運動
  • 朝晩に計測した体重計の測定結果(体重、体脂肪率、内臓脂肪レベル、筋肉量、基礎代謝量、体内年齢、BMI等) 

このくらいであれば、毎日記録するのも簡単ですね。
最後の体重計の測定結果は、タニタの体重計等を使用すれば一式表示されますが、お持ちでない方は体重だけでも十分だと思います。

ここで注意して頂きたいのが、毎日の測定結果に一喜一憂しないことです。実際に記録を付け始めてみればわかりますが、自分の体重は水を少し飲んだだけでも簡単に変動します

体重はあくまで目安なので、その日一日自分が食べた食事は何か、何かしらの運動は実施出来たのか等、「食事」と「運動」に主眼を置いて自分のダイエットを客観視してみてください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ダイエットと聞くと難しく考えてしまいがちですが、正しい方法で毎日継続的に行うことで成果は必ずついてきます。最後にポイントをまとめておくと、下記3点になります。

  1. 糖質を意識した戦略的な食事を毎日取り入れる
  2. 軽めの運動を毎日楽しめる範囲でする
  3. 上記1と2の内容を毎日メモする。可能であれば体重も合わせてメモする。

ダイエットは無理なく楽しみながら継続的に行うことが何よりも大切です。

ダイエットに成功した時の自分の姿をイメージしながら、毎日頑張ってみてください!皆さまがより良い生活を過ごせるように、一緒に頑張りましょう!