ひどい肩こりを解消する方法

辛い肩こりになると自分ではどうすることもできないため困りますね!?

少しでも肩凝りを改善するために整骨院や肩こりに効果があるアイテムを購入する必要があります。

辛い肩こりの原因や改善方法について紹介します。

肩こりの原因は?

肩こりになるのは筋肉の疲れが原因で、首や腕を支えているため常に負担がかかっている状態です。

筋肉疲労による肩こりは両肩に症状が現われるのが特徴で、筋肉疲労からくる肩こりは原因がはっきりしています。

病気が原因のとき

肩こりは他の病気が原因で起こることがあり、筋肉の疲労とは関係なく起こり特定の部位にだけ強い痛みがありますが、休んでも症状が改善されないため少しずつ悪くなります。

 

心臓の病気

胸が締めつけられるような痛みと同時に左側の背中や肩に強い痛みを感じる。

心筋梗塞、狭心症など心臓の病気による肩の痛みが疑われますが、心臓の自律神経と首から肩の知覚神経とが同じ経路を通るため心臓と肩の痛みがあります。

 

肩や首の病気

五十肩などの肩関節に起こる病気や頚椎椎間板ヘルニアなどの首の病気です。

肩こりの原因は肩こりだけではなく首の痛み、腕のしびれなどがあります。

精神的なストレス、のどや口の病気、冷えによって、肩が緊張状態、筋肉の血流が悪くなり、肩こりの原因にかりますが、病気による肩こりは病気を治療することが大切です。

 

「改善方法は?」

軽い運動をする。

ウォーキングなどの軽い運動をすると血流がよくなるのに加えて肥満やストレス解消することができます。

運動することで筋肉の衰えを防いで筋肉が血液を心臓に送る力や筋肉の柔軟性も高まります。

筋肉がカチカチに固まって血液の流れが滞り肩こりの原因を作ってしまうのを防ぎます。

歩くときは意識して腕を肩から大きく振るようにすると肩の筋肉もほぐれます。

なかなか外に出て運動する機会がない人は、剣道の素振りのように両手を振り下ろす動きをして、腕を大きく上に上げてブンっと下ろすことで肩周りの筋肉をつけたりこりをほぐしたりする効果があります。

ずっと同じ姿勢を取っていると肩こり、運動、首をゆっくり回す、伸びをする。

膝の屈伸など体をほぐすような動きを1時間に1回は取り入れるようにして肩こりを予防しましょう。

眼精疲労対策

パソコンを使う仕事をしていると眼精疲労を感じることは多くなります。

疲れ目用の目薬をさす、すぐできる眼精疲労対策をしてみてはどうでしょうか?

  •  目の疲れを感じたら目を閉じて60秒数えたらら目を休ませることができます。
  •  こめかみから目尻の延長線上あたりを指で押さえて、優しく円を描くように撫でるマッサージを同時に行うと効果が高まります。
  •  スクリーンから目線を外して遠くを見る、窓の外の景色や自然の緑などをみる、近くから遠くに焦点を合わせるだけでも休ませることができます。
  •  画面を上下にスクロールする動きを見続けると、動体視力を使うため目が疲れます。スクロールを止める、画面の上下に目を向けるなどは見続けないようにしましょう。
  •  血行をよくする。血液の流れが悪くなることで肩こりが起こる原因は、血行を促すと肩こりの解消に効果があります。湯船に浸かって体を温めるのは、家で簡単にできる方法です。体全身を温めることで血管が広がり血行がよくなるだけではなく、疲れが解消される、汗で老廃物を流すリラックスすることでストレスを和らげる効果があります。
  •  食生活を改善する。玉ねぎや魚、海藻類を食べると血液がサラサラになりますが、意識して食事に取りれましょう。揚げ物やアルコールを摂りすぎると、動脈硬化や血栓の原因になるため控えめにしましょう。
  •  肩甲骨ストレッチをする、肩こりは肩甲骨を動かす筋肉が硬くなることが多いため、肩がこっている人は肩甲骨の動きが悪くなっています。肩甲骨をほぐすストレッチを行うと首から肩、背中のこりが軽くなりますよ。

 

  •  片方の手のひらを前に向けたまま耳の横に腕がつくくらいピンと手を上げます。
  •  高いところに手を伸ばすようなイメージで上に腕を持ち上げます。
  •  そのままゆっくりと大きな弧を描くように5秒数えながら手を下ろしていきます。

     ※反対側の手で同じ動きをしたら5セット行いましょう。立っていても座っていてもできるが、肩が痛くて腕が上がらないときは、四つん這いの姿勢でしましょう。1分でできるため肩こり解消に効果があります。

肩甲骨を動かす筋肉を鍛えることで肩こり予防になりますよ。

 

  •  両肘を肩と水平になる高さまで上げたら手は鎖骨のあたりで軽く握ります。無理のない範囲で肘をさらに上げたら、その肘の位置からできるだけ下がらないようににして肘をゆっくり5秒数えながら後ろに動かします。

左右の肩甲骨がぎゅっと中心に寄っている状態で、その肩甲骨の位置を維持したまま肘だけを下げたら5セットしましょう。

立つ座った状態でもできるので、体を動かすときにしてみてくださいね。

 

 

辛い肩こりにおすすめの商品は?

  •  OMRON オムロン 低周波治療器

価格は4150円 (税込)、送料無料。

https://item.rakuten.co.jp/s-plaza/10004113/?scid=af_sp_etc&sc2id=af_117_0_10002106

もみ方や部位を選べる9種類の自動コースがあります。

症状、部位、もみ方、各コースの中から選ぶだけでです。

 

コリや痛みにあわせて好きな刺激感に調節でき、4つのこだわりモードは組み合わせて使うことができます。

粘着面が汚れて貼り付きにくくなったら水洗いで粘着力を回復させることができます。

 

 

  •  コラントッテ ネックレス クレスト プレミアム (延長保証)

価格は9900円 (税込)

 

https://item.rakuten.co.jp/ichinen-takuhai/colantotte-necklace-crest-premiu/

 

男女兼用の磁気ネックレスで実際に使った人の口コミは、同僚がひどい肩こりで週に3回整体マッサージに通っていたが、主人からコラントッテをプレゼントしてもらいました。

今は2週間に1回しか行かなくて良いほど肩こりが良くなったと聞き、ストレートネックでひどい肩こりの私も購入しました。

半信半疑でしたがすぐに効果を感じることができ、昨日入浴前に外してそのまま寝てしまい早朝、寝違えたかと首の痛みで目が覚めたので慌ててつけたようです。

 

辛い肩こりに効果がある食べ物は?

 

血液の循環をよくするビタミンEで肩こりを改善できますが、肩こりは、同じ姿勢をとり続けると血管が圧迫されます。

痛みを和らげるために血液の循環を促す栄養素であるビタミンEが効果があります。

ビタミンEは大豆製品、うなぎ、かぼちゃ、ごまなどに入っているため、オヤツとして食べるならアーモンドやピーナッツがおすすめです。

アボカドはビタミンEの他に疲労回復効果があるビタミンB1・B2も入っているため、血流の促進や肩こり対策に効果があります。

 

まとめ

肩こりになる原因は同じ姿勢で過ごしている、重たいものを運んでいるなどをして毎日過ごしていると肩だけではなく肩甲骨や背中がこる原因になります。

肩こりを改善するために整骨院やストレッチをすることで肩こりを改善することができます。