太ってないのになぜ出る?ぽっこり下腹の原因と解消法

太っている人のお腹が出ているのは分かるとしても、別に太っていないのにお腹(特に下腹)だけがぽっこりと出てしまっている、という人も多いのではないでしょうか?

一見普通の体型に見えても、ワイシャツの下からぽっこりとダラしなく出てしまっている下腹に悩んでいる人も多いと思います。

今回は、なぜ太っていないのにぽっこりと下腹が出てしまうのかについての原因と解消方法をご紹介したいと思います。

 

医師会の見解!お腹がぽっこり膨れると病気の危険も高くなる!?

男性の肥満が増えています。特にお腹がぽっこり膨れる内臓脂肪型肥満は、動脈硬化を進める原因として注目されています。

内臓脂肪型肥満は腹囲で判定します。

立ったときのおへその高さでぐるりとメジャー(巻尺)を巻き、自然な呼吸で息をはいている時に測ります。

男性は85cm以上、女性は90cm以上が内臓脂肪型肥満の赤信号です。

 

【メタボリック症候群】

内臓脂肪型肥満に高血圧、高血糖、血中脂質の異常が重なると、心筋梗塞や脳卒中の危険がかなり高まります。

(診断基準1と2の両方を満たす)
1.腹囲が男85cm以上、女90cm以上。
2.次のa~cの中から2つ以上。
a 最高血圧130mmHg以上または(かつ)最低血圧85mmHg以上
b 空腹時血糖110mg/dl以上
c 善玉コレステロール(HDL)40mg/dl未満または(かつ)中性脂肪150mg/dl以上

肥満、高血圧、高脂血症、高血糖は、単独で軽症であれば、薬を使わずに生活習慣を正して様子を見ることがほとんどです。

また、自覚症状もないので、なんとなく放置している方も多いかもしれません。

ただし、これらのいくつかの症状が重なって現れると、突然の心筋梗塞や脳卒中の危険が高まります。

これがメタボリック症候群の怖さです。

出典:新発田北蒲原医師会 平塚医師

 

下腹がぽっこりと出てしまう原因

まず、何故身体全体に脂肪があるように見えない人でも下腹がぽっこりと出てしまうのでしょうか?

下腹が出てしまう原因としてあげられるが「内臓脂肪」です。

脂肪には大きく分けて「皮下脂肪」と「内臓脂肪」があり、「内臓脂肪」が蓄積することでお腹が出てしまいます。

「内臓脂肪」は主に腸の周りに蓄積する脂肪なので、ちょうど下腹付近がぽっこりと出ているように見えてしまいます。

特に、男性はホルモンの関係で「内臓脂肪」が蓄積しやすく、女性に比べて下腹が出てしまう傾向にあります。普通体型に見える男性のスーツのベルトの上にぽっこりと出た下腹が乗っかっている男性が多いのはこれが原因です。

また、「内臓脂肪」は食生活が悪かったり、運動不足によるお腹周りの筋力の低下や腸内環境が悪く便秘気味のときにも蓄積しやすいとされています。毎日朝早く仕事に行って昼食は外食で済ませ、夜遅くまで残業をする。週末には飲み会があり、休みにはごろごろしたり家族サービスしたりと運動をする暇も無い。

そんな生活習慣を続けているとどうしても下腹がぽっこり出てしまう体型になってしまいますよね。

 

お腹まわりの筋肉の衰え

内蔵を支えるお腹まわりの筋肉は、日常生生活ではあまり使わないので年齢とともに衰えやすい部分の一つ。

今まで内蔵を支えていた筋肉がその重さを支えられなくなり、内側から押されることによっと下腹がぽっこり膨らんだ様に見えてしまいます。

 

骨盤のゆがみ

骨盤が歪んでいると、開閉がスムーズに行なわれないため常に開いている状態になり、本来あるべき内蔵の位置を維持できず、下に下がってしまいます。

足を組んで座ったり、姿勢が悪い人は要注意。特に女性は、生理痛・不妊・肌荒れなどにも影響を及ぼしますので気をつけましょう。

 

便秘

食生活や生活習慣の乱れ、運動不足などによって、内蔵が冷え、機能が低下し、お腹にガスや水分が溜まって便秘になります。腸内に便やガスが溜まってしまうと、腸の機能が低下して腸が腫れてしまい、ぽっこりとお腹が出てしまいます。

 

 

ぽっこりお腹に潜む隠れたリスク

1.アディボサイトカインの分泌異常の可能性が高まる:糖尿病、高血圧

2.動脈硬化が進行する可能性:動脈硬化、脳梗塞

3.ぽっこりお腹が腰や背中に負荷を与えてしまう:肩こり、腰痛

4.血中の脂質が増加する:加齢臭の原因

5.過剰なインシュリン分泌:ガンの原因

 

 

思ったより落ちやすい「内臓脂肪」

「内臓脂肪」と聞くと、身体の内側に付いている脂肪ということでなかなか落としにくいのではないかというイメージを持っている方も多いと思います。

ですが、「内臓脂肪」は「皮下脂肪」に比べて落としやすい脂肪といえます。

それは、「内臓脂肪」が血液に流れやすいという性質があります。

通常、脂肪というのは筋トレや有酸素運動などで刺激を受けたり、糖質制限を行うことで「脂肪酸」と「グリセロール」という物質に分解します。その状態になってようやくエネルギー源として使えるようになります。

「皮下脂肪」の場合は、その状態から更に有酸素運動やリンパマッサージをおこなってエネルギーとして使用することで脂肪が燃焼していきます。しかし、「内臓脂肪」の場合、内臓周辺に付いた脂肪で血液に作用する性質上、「脂肪酸」、「グリセロール」に変化した際に血液に優先的に流れやすいのです。

このため、「皮下脂肪」に比べて落とすことが簡単な脂肪といえます。

食事管理をして脂肪の蓄積を押さえ、筋トレやウォーキングなどの軽い運動をすることで「内臓脂肪」が「脂肪酸」と「グリセロール」に分解したのち、すぐにその2物質が血液に流れてエネルギーとして消費してくれます。

毎日辛いランニングを1時間とか高いリンパマッサージに通うなんてことをせずとも楽に落とすことが出来る脂肪といえます。

また、「内臓脂肪」にはこのような性質があるということは、痩せやすいということが分かると思います。

 

 

まとめ

下腹がぽっこり出てしまうという、ダラしない体型から抜け出す方法は意外と簡単でしたね。

原因が「内臓脂肪」でその「内臓脂肪」は「皮下脂肪」に比べて落とすことが簡単であるということ。このことから、男性のぽっこり出た下腹の解消法は比較的楽だということが分かりました。

お腹が出てきたなぁと思った方は無理しないところから少しずつはじめてみてはいかがでしょうか?

意外に簡単にウエストが縮まるのが分かりますよ。