ウォーターサーバー比較!災害時にも水を確保できるメリットも

ウォターサーバー比較!

近年、ウォーターサーバーを置く家庭が増えているようです。ウォーターサーバーには、どのようなメリットがあるでしょうか。

ウォターサーバーのメリット

1.「冷水」や「温水」の美味しい水がすぐに利用できる

ウォーターサーバーのメリットは、何といっても、「冷水」や「温水」の美味しい水がすぐに利用できることです!

ウォーターサーバーには、「冷水」と「温水」の2つの蛇口があり、冷水は約5~10度、温水は約80~90度というのが一般的な設定となっています。

人間が冷水をおいしいと感じる温度は、10度前後と言われており、ウォーターサーバーからコップに冷水を注いで、一番良い温度に設定されています

また、温水の場合もほぼ熱湯のため、鍋などに注いでも、すぐに沸騰させられるし、少し置くだけで適切な温度にしやすく、使い勝手が良いです。

ウォーターサーバーのこの基本機能は、実は想像している以上に役に立つ!

様々な口コミ、意見があります!

「帰宅してすぐという状況でも、暑い時期は冷水ですぐクールダウンできるし、冬季は温かい飲み物を数十秒で作れます。すぐに飲みたいのに冷蔵庫からペットボトルを出すの面倒、お湯をわかすのは電気ポットであってもさらに面倒なので、すぐ利用できるのは大変便利です。」

「誰かが家にきて、料理やお酒などはウォーターサーバー、洗い物は水道水と分けることができる。パーティーの時に、いつも以上に役立ちました」

「赤ちゃんが生まれ、ミルク作りの際に、毎回70度に沸騰さしてから、ミルク作るのが本当に大変!ウォーターサーバーならお湯を入れて、ミルクを溶かしたら、冷水を入れてすぐにミルク作り出来て大変便利です。水も水道水ではないので、安心。我が家ではもう2歳になり、ミルクを作りませんが、水が美味しく、便利で、ミルク作りを終えたら解約しようと思ってましたが、契約を継続しています。もう無くてはならないものになっています」

2.災害時用の備蓄水として使用できるから安心!

近年、ウォターサーバーを災害時も考慮して利用開始する人も増えています。しかし、全てのサーバーが災害時に使える訳ではありません。

出水動作に電気を使用するものがあるので、注意が必要です。停電時にも水を出せるタイプを選ぶようにしましょう!

4人家族で36リットルの備蓄が必要です。ウォーターサーバーのある家では、平均2・3本の水がストックされている場合が多いです。12リットルが主流なので、24リットル~36リットルを備蓄していることになります。消防庁の推奨は、最低3日分の備蓄が必要で、1人1日に3リットル必要と言われているので、4人家族だとちょうど3本で、災害時に心強い味方になります。

また、同じ量を2リットルのペットボトルで揃えると、18本が必要になります。サーバーの水は、RO水と天然水に分けられ、RO水は飲料適用の水から、不純物を取り除き、そこにミネラルを足したもの。使用済みボトルがリターナブル式が主流で、メーカーが届けてくれる場合が多いです。不在時は玄関先などにおいて貰えます。それに対して天然水は、特定の水源から採水した水で、容器を自分で処分する方式が主流で、宅配便で届くケースが多いです。

 

3.大切な赤ちゃん&子供達に安心した水を手間掛けずに提供できる

妊娠や出産をキッカケに、ウォーターサーバーの契約を検討する人が多いです。

「赤ちゃんが泣いたら、すぐにミルクを作ってあげなきゃならない」

「ミルク作りには時間がかかる」

「お湯を沸かす時間がかかるし、ミルクを冷ます時間が長い。。」

そんな悩みを解決できるのが"ウォーターサーバー"です

 

"赤ちゃんのいる家庭がウォーターサーバーを導入するメリット"

1.すぐお湯を出せ、冷ます時間も短縮できる(=ミルク作りの時間を短縮できる)

2.水は徹底的に検査されているので、安心して利用できる

3.離乳食にも安心で、美味しい水を利用できる

4.水を自宅に届けてもらえる。水を運ぶ苦労から解放される。

子どもたちは喜んで水を飲みたがり、「子どもがジュースを飲む量が減った」との意見、口コミも。

きれいな水を日常的に飲む習慣を身につけることは、健康のためにも大切なことかもしれません。

子供がイタズラしても、チャイルドロックを付いているので、安全面の心配もありません。

 

ウォーターサーバーを選ぶ場合は下記3つの注意点!

1.月額費用:水の料金以外にサーバーレンタル料、初期費用でトータルコストを計算すること

「支払うのって水の値段だけじゃないの?」

実は、水の料金以外にもサーバー代など別に支払う費用があります。

月額費用は、水以外の料金も含めて計算しないと「思ったより高い!」と後悔するかもしれません。

2.デザイン:インテリアや家具の雰囲気に合うものを選ぶ

「部屋の雰囲気と全然合わない…」

ウォーターサーバーは存在感のある家電なので、デザイン性も重要です。

部屋のインテリアと合わないものを選んでしまうと、後悔することにもなりかねません。

3.使いやすさ:ボトルが楽に交換できるものを選ぶ

「思っていたより使い勝手が悪い」「ボトルが重い」

家電製品は「使いやすい」ものである必要があります。

ウォーターサーバーは機種によってさまざまな個性があるので、自分にフィットするかどうかは判断しましょう!

 

【アクアクララ】 アクアファブ

RO水 リターナブル式(ボトルの回収、配達)

デザイン性と実用性を兼ね備えた万能サーバー

2018年グッドデザイン賞を受賞したデザイン性と使いやすさを追求した商品。抗菌加工を施したエアフィルターがサーバー内を綺麗に保つ。

デザインをキープするために、着脱式のボトルカバーを用意。カバーのスリットから、水の残量確認が出来ます。

【ボトル】12リットル(クリクラボトル)1350円/本 ※500mlあたり約56円

【ボトル】7リットル(クリクラキュートボトル)864円/本 ※500mlあたり約72円

安心サポートの特典として、年に1回無料でサーバー交換あり

"月額費用 3996円~ 1リットルあたりの水価格:約167円"

12リットル×2本=24リットル

(内訳:サーバー代0円+送料0円+水代2592円+安心サポート料1404円)

サイズ W286×H1320×D350mm

 

 

 

【クリクラ】クリクラサーバー

RO水 リターナブル式(ボトルの回収、配達)

サーバーもサービスも使い勝手良い。震災時も安心して利用できる。

日本気象協会が推進する防災啓発活動に協賛するメーカー。安定したデザインで揺れても倒れにくい。さらに転倒防止ワイヤーが標準装備されており、全国の560以上の婦人科で導入されている。

高性能フィルター「HEPAフィルター」を標準装備。使う度にボトル内に入る空気は、ゴミ、粉塵が徹底的に除去された状態になる。

 

"月額費用 3150円~ 1リットルあたりの水価格:約131円"

12リットル×2本=24リットル

(内訳:サーバー代0円+送料0円+水代2700円+安心サポート料450円)

サイズ W305×H990×D350mm

 

 

 

【プレミアムウォーター】スリムサーバーⅢ

天然水 ワンウェイ式(自身でボトルの廃棄)

こだわりの天然水を飲めるエコサーバー

消費電力を抑える機能を搭載したスリムなサーバー。ウォターサーバーでは珍しい非加熱処理の水を使用し、まろやかな味わいが楽しめる。日本全国から5つの採水地を厳選した水を採用。

ボトルは家庭用ゴミやリサイクルゴミとして処分可能。

国際味覚審査機構2018で「優秀味覚賞3つ屋」を受賞した水を扱い、水にこだわりたい人にオススメ。チャイルドロック、ボタン操作制限機能もあり、安全性高い。

 

"月額費用 3974円~ 1リットルあたりの水価格:約166円"

12リットル×2本=24リットル

(内訳:サーバー代0円+送料0円+水代3974円+送料0円)

サイズ W270×H1272×D337mm

 

 

【フレシャス】サイフォンプラス

天然水 ワンウェイ式(自身でボトルの廃棄)

業界初のUV-LED殺菌機能を搭載。いつでも天然水を新鮮な状態に保つ。

7.2リットルの軽量パックに入っているので、軽量パックで女性や高齢者も扱いやすい。使用後はコンパクトに折りたためて、ゴミとして捨てやすい。震災時はパックの角を切ることで、水を出せる。

気圧を利用し液体を移動させるサイフォン方式を採用。水のパックが軽量だから簡単に設置可能。無菌エアレスウォターパックだから、水が外気に触れず、美味しい水を飲むことができる。




"月額費用 4992円~ 1リットルあたりの水価格:約173円"

7.2リットル×4本=28.8リットル

(内訳:サーバー代0円+送料0円+水代4992円+送料0円)

サイズ W270×H1272×D337mm

 

 

【コスモウォーター】SMARTプラス

天然水 ワンウェイ式(自身でボトルの廃棄)

ダブルクリーニング機能を搭載し、安心して清潔に使用できる。

タンク内に取り込む外気をクリーン化するクリーンエア、熱水を自動循環させサーバー内を綺麗に保つクリーンサイクルを搭載。水はサーバー下部にセットし、かごに入れて片手でスライドするだけで、低労力で交換可能。


"月額費用 4104円~ 1リットルあたりの水価格:約171円"

12リットル×2本=24リットル

(内訳:サーバー代0円+送料0円+水代4104円+送料0円)

サイズ W300×H1100×D340mm

 

 

 

【アクアクララ】 アクアウィズ

天然水 ワンウェイ式(自身でボトルの廃棄)

日本初のコーヒーマシーン一体サーバー。コーヒーマシーンはネスカフェの2機種から選べる。ウォーターサーバーは下側に格納。

"月額費用 4212円~ 1リットルあたりの水価格:約176円"

(内訳:サーバー代0円+送料0円+水代2592円+送料0円+安心サポート1620円)

12リットル×2本=24リットル

 

【プレミアムウォーター】amadanaウォターサーバー

天然水 ワンウェイ式(自身でボトルの廃棄)

デザイン家電ブランドamadanaとのコラボ商品。木製のおしゃれなデザインが部屋の雰囲気を演出。



"月額費用 5054円~ 1リットルあたりの水価格:約211円"

(内訳:サーバー代1080円+送料0円+水代3974円)

12リットル×2本=24リットル

 

【フレシャス】Iotウォターサーバー

天然水 ワンウェイ式(自身でボトルの廃棄)

アマゾンアカウントと連携し、水の残量が少なくなると自動で注文される。サーバーはレンタルではなく、買い切りタイプで通信料はメーカー負担。毎月の水のノルマが無く、本体購入後のコストは水代と電気代。


コストが安いサーバー

アルピナウォーター

アルピナウォーターのお水は、北アルプスの天然水を原水としているのも特徴。長野県大町市

「水の消費量を考えると、できるだけ値段が安い方がいい」

定期購買の必要がなく、月のノルマもないので必要な量だけ利用できる

硬度指数が 1.05 と超軟水で赤ちゃんのミルクにも安心

12Lボトル1本1,050円でローコスト。低価格の秘密は工場での一貫生産。
「年間生産本数は最大で1500万本」という巨大工場により、この価格を実現しているとのこと。



レンタル料(月額) 872円/月(設置月は無料サービス)

温水循環の自動クリーニング機能、二重のチャイルドロック