白髪を綺麗に整える!白髪の悩みを解消するオススメのヘアカラー商品

年齢とともにどんどん気になる髪トラブルの解消方法!

"髪トラブルを上手く乗り越えたい"

今回のテーマは白髪について

白髪の悩み!

自宅で白髪を染める場合、「髪へのダメージが気になる」「後片付けが面倒」といった悩みがつきものでしたが、最近では、白髪対策と地肌・毛髪のケアを同時にできる”ヘアカラートリートメント”が人気を集めています。

老けて見える髪の悩み代表である白髪の解決には、やっぱり白髪染めが一番手っ取り早い。

ただドラッグストアやお店で売られている製品は数が多すぎて、何が良いか、どれがベストか分からない。

そんなあなたにオススメをご紹介。(染めムラ&カラー、色持ち、仕上がりなどは、元美容部員、美容師などの専門家が専用機器や目視にて検証)。

艶とサラサラを叶えて20代の髪へ!

ベストアイテムのポイント

1.色がしっかり入って、ツヤがあり、パサつかない。

綺麗に仕上がり、パッケージ通りの色に染まるのと、手触りが良いと満足度がアップします。艶もあればなおさら満足度アップです。

2.繰り返し髪を洗っても色をキープできる

白髪染めは染めたてが綺麗で、その色が持続してくれなければ何度も染め直さなくては行けません。伸びてきたら染め直しは必須ですが、色落ちのせいで染め直しはしたくないでしょう。毎日、髪を洗っても、色がしっかりと持続するか確認しましょう!

3.液だれせず、全体的にムラなく、染まる

白髪混じりの髪をムラなく、綺麗に染めるのは難しいものです。白髪が染まらず残ってしまうこともありますので、注意しましょう!

オススメ商品

【花王】 ブローネ 香りと艶カラー 4NA

1.染めにくい生え際まで綺麗に染められる

2.ツンとしない香りと艶が良い

仕上がり A

色持ち A

染めムラ&カラー A

 

【ホーユー】 シエロ ムースカラー 4P

  

1.クリーミーなムースで染めムラを防ぐ

2.色持ちも良く、泡タイプで染まりが良い。手触りも悪くなく、手軽に白髪染めできます。

仕上がり B

色持ち A

染めムラ&カラー B

 

ロレアル パリ エクセランス ヘアカラー 4NB

中までしっかり染まって仕上がり良し。落ち着いた暗め色が好みの方におすすめです。

仕上がり A

色持ち A

染めムラ&カラー B

 

(ご参考)髪、白髪に対する知識

生まれたばかりの毛はみな「白髪」で、メラノサイトという色素細胞が「メラニン」を作ることで髪に色がつきます。 白髪の原因は、このメラノサイトという色素細胞の働きの低下によって起こり、メラノサイトの働きが低下する理由には加齢、食生活、遺伝、ストレス等があるといわれています。

白髪を少なくするためには、老化を防いだり生活習慣や食生活を整えることはとても大切です。髪の健康にいい栄養を食材や料理からとって、身体の内側から変わるのも対策のひとつでしょう。

白髪と食べ物の関係については、まだ科学的根拠が明示されていない状況ですが、身体を若々しく保つことが、髪にも良い影響を与えると考えられています。

 

黒髪の元となる「メラニン色素」

髪の毛の構造の中で黒髪の元となるのが「メラニン色素」メラニン色素が多ければ多いほど黒々とした髪の毛になります。

 

メラニン色素の原料と言われている「チロシン」

「チロシン」は、メラニン色素の原料と言われている栄養素。このチロシンが増えることで、メラニン色素の生成に欠かせないチロシナーゼの動きを活性化させることができます。チロシンはアミノ酸のひとつで、脳の働きや筋肉の動きにも影響がある栄養分です。チロシンが含まれている食材には、乳製品、アボカド、バナナ、カツオやマグロなどの魚介類など多岐にわたります。

 

メラニン色素を生成する働きを活発にする「アントシアニン」

アントシアニンは、メラノサイトのメラニン色素を生成する働きを活発にするだけでなく、白髪や抜け毛を抑制する効果が期待されている注目の栄養素です。ブルーベリー、アサイー、ナスなどがアントシアニンが多く含まれています。

 

チロシナーゼの働きを活発にさせるミネラル「銅」

銅はチロシナーゼの働きを活発にさせるミネラルの一つで、自分の体内で作ることができない成分です。メラニン色素を作る酵素は銅イオンと結びつくことで効果を発揮するため、銅はメラニン色素を作り出す上で欠かせない栄養素と言えます。

ごぼう、ニンニク、モロヘイヤ、カンピョウ、サツマイモ、玄米、アンズ、エビ、カニ、ホタルイカ、牡蠣、レバーなどが銅が多く含まれる食べ物です。

 

髪の健康を守る「ヨウ素」

白髪や薄毛対策に、よくワカメや昆布といった海藻類が勧められますが、それは「ヨード」という栄養素がたくさん含まれているのが理由です。「ヨード」とは、「ヨウ素」のことで、血行の促進を促す働きがあり、髪の毛の健康には欠かせない栄養素のひとつです。ヨードは、ワカメ、ひじき、昆布などの海藻類に多く含まれていると言われています。昆布だしやかつおだしの中にも多く含まれており、日本人は普段からヨードを自然に摂取できていると言われています。

 

髪の健康を保ち、20代のツヤツヤヘアを取り戻しましょう!