ストレスと不安への対処法

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

ストレスと不安への対処法

ストレスと不安。これは、私たちが避けられない問題です。いくら遊んでストレス解消をしたとしても、心を軽くすることは、とても難しいことです。ただ、ある程度コントロールすることもできます。対処するための習慣を身につければ、鬱病や疲れ、不安による発作などは起こりにくくなります。ここでは、ストレスを防ぐだけでなく、困難な厳しい状況下でも自分の気持ちをどのようにコントロールしていくのか、その方法を紹介していきます。

 

1.趣味の時間を必ず持つ!

自分の仕事を効率よく終わらせて、趣味の時間を持つよう心掛けましょう!!どんな趣味でも構いません。スケジュールを事前に確保しておき、自分の好きな事に時間を割くことが、ストレスを解消するのに一番効果的です。

 

2.身近な人に助けを求める!

人間は極めて社会的な存在です。生き残るため、お互い協力しあって生活しています。何か問題のある時は、一人で悩まず助けをすぐに求めましょう!身近な人がいなければ、お金を払って専門家に相談するのも選択肢の一つです。そうすることで、日々の気持ちや日常が変わっていくかもしれません!まず動きましょう!

 

3.自然を感じる所で、深呼吸する!

自然を感じながら、目を閉じて、数分間深呼吸してみましょう。呼吸に全神経を集中させて、深呼吸しましょう。深呼吸だけでも構いません。ただ自然の中でリラックスしながらだと効果も上がるでしょう!自分の小ささや悩みの小ささを感じることが出来るかもしれません。目の前のことは所詮、暇つぶしと軽く考えるようになれば、気持ちの幅が広がるかもしれません。

 

4.食事の時間は絶対に必要!

美味しい食事をリラックスできるところで、リラックス出来る友達や家族とともに取りましょう!食事はリラックスできる、大切な時間!ファストフードは避け、静かで心地のいい場所でゆっくり楽しみましょう。5分だけでサッと食べてしまうのは、ストレスも溜まるし健康にとってもよくありません。美味しい食事を味わい、匂いや会話も楽しみましょう!

 

4.お酒を飲んで寝る!一旦、全てを忘れる!

仕事と普段の生活の、オンオフを切り替えましょう!飲み過ぎは注意ですが、気の許す仲間と色々と話しながらも、一旦、スッキリ忘れる!!楽しいひと時で、活力を得る!飲みながら、色々な仲間にコミュニケーションを取ることで、未来が見えてくることもあります。適量の飲酒は気分をよくし、心身の緊張が和らいで、リラックス効果もあり、ストレス解消になります。また、お酒を飲むと気分が盛り上がり会話が弾むため、人間関係を円滑にする助けになります。疲労回復という面では、アルコールは血管を拡張させて血行をよくします。利尿効果もあるので、適量であれば体にたまった老廃物を排出でき、疲労回復に効果があるといわれています。ただ、飲み過ぎは心にも体にも好ましくない影響を及ぼします。お酒を飲み過ぎると、記憶力や判断力が低下することがあります。判断力が低下すると、取り返しのつかない失敗や事故を起こすリスクがアップします。また、強いストレスを感じているときにお酒で解消しようとすると逆効果になることもあります。飲み過ぎた翌朝は、二日酔いが待っています。頭痛や吐き気、疲労感などに悩まされて、ひどいときには1日を台無しにしてしまうこともあります。お酒を飲む人は、お酒と上手に付き合っていきましょう!何でも話せる仲間と語り合いながら飲み会を楽しむという方もいるでしょうし、また、ひとりでゆっくり、静かな時間が取りたいと思う方もいるでしょう。自身にあったスタイルでお酒と付き合うようにしましょう!

 

5.心地よい睡眠を!

静かで暗く適温の心地よい部屋で寝る!家具やインテリアも工夫して、寝室を一番リラックスできる場所にしましょう。緊張を感じたら、肩の力を抜く、深呼吸を2~3回行うだけでも、緊張をやわらげる効果があります。睡眠に対する考え方を変え、睡眠時間の長さにこだわらない。睡眠は時間より質が大切です。睡眠時間にこだわると、かえって眠れなくなってしまいます。また、眠ろうと緊張するほど眠れなくなります。次の日にしっかり眠れば悪影響はありません。眠くなってからベッドに行くことも重要です。眠くないのにベッドに入り眠ろうと努力するとかえって目が覚めてしまいます。15分程度寝付けなかったら、起きて眠くなるまで待ちましょう!別な部屋に行き、静かに過ごし、眠くなったらベッドに戻ることを繰り返す。夜中に目が覚めた時も同じようにしましょう。

 

《一般生活、仕事でのストレス軽減法!》

1.メモを取る!

メモをとるのは、不安解消につながります。やることが多すぎる場合。何をすべきか忘れないために、メモを持ち歩いたり、携帯のスケジュールに細かいことも入れることで安心感を得ることができ、ストレス軽減に繋がります。また、スケジュールを書いて定期的にチェックすれば、忘れる不安もなくなります。

 

2.スケジュールはシンプルにする!

スケジュールはできるだけシンプルに保つよう心がけましょう。やることが多すぎて負荷が多くなれば、それだけストレスを感じます。タスクの優先順位をつけて、スケジュールを整理しましょう!

 

3.ストレスの芽はなるべく早いうちに解決する!

イライラした状態で相手に会ったり、仕事では会議に行くと空回りすることもあります。早めに場所につき、休憩しながら心を落ち着かせて、相手に会う、会議に入るようしましょう!

 

4.自分の悩みは小さいと認識するよう心掛ける!

決まり文句に聞こえるかもしれません。でも、とても効果的な方法です。もし、何の助けもなく、大きなストレスを抱えていたら、世界の大きな問題や死に直結する問題と比べたら、自分の悩みなんてちっぽけであると。不安を抱えたら、自分の視野を広くするよう心掛けましょう!